ローヤルゼリーVSプロポリス

ローヤルゼリーとプロポリスは、誰もが知る有名な健康食品です。
古くから健康維持を目的として用いられてきました。
どちらもミツバチが作り上げている成分であるため、混同されることが多いです。
しかしローヤルゼリーとプロポリスは似て非なるものです。
そこで今回は、ローヤルゼリーとプロポリスについて詳しくご説明していきます。

 

ローヤルゼリー
1、ミツバチがローヤルゼリーを作る目的
ミツバチがローヤルゼリーを作る目的は、女王蜂に食べさせるためです。
他のミツバチとは違い女王蜂だけがローヤルゼリーを食べます。
その為女王蜂の寿命はミツバチの約40倍とも言われています。
ローヤルゼリーは栄養価が豊富で生命力の源となっているのです。

 

2、ローヤルゼリーの作り方
ローヤルゼリーは、ミツバチにより作られます。
色々なところから集められた花粉をミツバチが、体内で消化や分解します。
そして下咽頭腺と大アゴ腺から分泌して作り上げられるのがローヤルゼリーなのです。

 

3、栄養価
ローヤルゼリーは総合栄養食品と呼ばれることがあります。
非常に栄養価が豊富なためそう呼ばれているのです。
アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど数十種類の栄養が含まれています。
中でも人気の高い成分はデセン酸です。デセン酸はローヤルゼリー特有の成分です。
自律神経を整える作用や、抗がん作用などがあります。
またアミノ酸やミネラル、ビタミンの働きにより、美肌維持や健康維持にも効果があると考えられています。

 

プロポリス
1、ミツバチがプロポリスを作る目的
プロポリスは、蜂の巣を作る時に使われる分泌物の事です。

 

 

2、プロポリスの作り方
プロポリスは、植物の新芽や樹脂、ミツバチの分泌物や蜜ろうなどを混ぜ合わせて作り上げられます。
抗菌作用に優れており、巣の中を清潔に保つ働きがあります。

 

3、栄養価
プロポリスには、ビタミン、ミネラル、フラボノイロなどが豊富に含まれています。
強い抗菌作用がある事で知られています。
また昔から免疫力をアップさせる働きがあると信じられています。